Home

映画 the cell

ザ・セルの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。心理学者キャサリンの研究所では、最先端技術により人の潜在意識に入り. 。. THE CELL ─ 細胞の分子生物学(第6版) 25分冊したKindle版も発売. /02/27 - Download The Cell Movie Stills, The Cell Pictures, The Cell English Cinema Photos and The Cell film gallery. 時計 The Cell 2 フルムービー ⬅️ 武蔵 【The Cell 2】 ダウンロード, ttvdo, 武蔵 【The Cell 2】 日本語 映画 the cell 言語, 映画. アメリカ・マサチューセッツ州ボストン。 映画 the cell 空港内にはおおぜいの人がおり、おおぜいの人たちがスマホを操作しています。 その空港に降り立った中年男性クレイ・リデルは、携帯電話をかけようとします。 クレイは妻シャロン・リデルと息子・ジョニーと別居して、1年が経過していました。 コミック作家のクレイはリズという女性と浮気し、それが原因でシャロンと別居しています。 リズとはすぐに別れたクレイですが、コミックが売れたらニューハンプシャー州に住んでいる妻子と会おうと思っていたのです。 そう思い詰めたのが功を奏したようで、クレイの連載中の作品『闇夜の旅人』がヒットを飛ばし、映画化などの権利を大手企業が契約しました。 これでやっと妻子に会えると思い、クレイは携帯で電話しました。 ところが空港内でクレイが妻のシャロンに電話をかけると、途中でビデオ通話が途切れました。クレイの携帯の充電が切れたのです。 やむなく公衆電話でかけようとすると、周囲で一斉に変化が起こりました。 みんながいきなり痙攣を始め、次の瞬間、暴動が始まります。互いを攻撃したり、壁にぶつかったりと、狂乱が起こりました。空港内は大混乱に陥ります。 横にいた少女は泡を吹いて倒れ、壁に激突しました。 空港内の厨房から走り出してきた料理人が、ナイフでクレイを刺しそうになります。クレイはとっさにスーツケースで防ぎました。 どうやらこれは空港にかぎったことではなく、外でも起きたようです。 というのも、飛行機が墜落を始めたからです。 騒動におどろいたクレイは、空港に併設されている電車に乗り込みました。 地下鉄はまだ正常な人間が多くいます。どうやら集まってきたようです。 車掌の黒人中年男性トム・マッコートは「いつまでもここに留まるわけにはいかない。やがて地下水がたまり、何もせずにいると24時間以内に溢れだす」と言い、15mほど先にある避難出口から外へ出ようと言いました。 映画 the cell しかし逃げ出したのは、トムとクレイともう1人、若者のマイクだけでした。 マイクは出口付近にいる男性作業員にツルハシで襲われ、即死します。 はしご段をのぼって通風口から外へ出ると、やはり街も大混乱に陥っていました。 クレイはトムを、自分の住むアパートに案内します。 部屋に入ったクレイは、トムの携帯電話を借りて家族にメールをしたいと言いました。 トムはクレイに携帯を渡すと. TVCFやミュージック・ビデオで活躍しているターセムの初監督作品で、サイコ殺人鬼の心の中に入り込んで事件解決をしようとする心理学者の異様な体験を描いたスリラー。「アウト・オブ・サイト」のジェニファー・ロペスが初主演している。シカゴ郊外にあるキャンベル研究所。若き心理.

白いドレスの女性が馬にのり砂漠を走っています。彼女は少年の元に辿り着くと、約束していた海へ行こう、と誘いますが、そのエドワードという少年は顔を狂暴なものに変え彼女の誘いを拒絶します。女性の名前はキャサリンといい、昏睡状態のエドワードと精神を繋げることにより現実に呼び戻すという治療方法を試みています。しかし、目に見える成果がないためエドワードの両親には精神世界での対話は幻想だといわれてしまいます。 その頃、女性を狙った連続殺人事件が起こっていました。犯人は、巨大な水槽に女性を閉じ込め水を満たしていき女性を溺死させて快感を得ていました。そして、ほどなくして7人目の遺体が発見されるのでした。捜査では白い犬の毛が証拠として発見され、珍しい白いシェパードを買った線から捜査線上にカールが浮上します。車の痕跡も一致しFBIは突入の準備を進めます。しかしその少し前に、カールは次の被害者を物色しジュリアという女性を既に誘拐していました。. Jackson, and Isabelle Fuhrman. . セルの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「シャイニング」「キャリー」などで知られるスティーブン・キングによる小説. あらすじ "シカゴ郊外にあるキャンベル研究所. 映画「The cell」に見る、トラウマの世界. 殺人犯・カールの内面世界は少年・エドワードと異なり、非常に異色な世界でした。 カールの内面世界には「まだ幼い素直な少年時代のカール」と「残虐で冷酷な大人のカール」の2人が同時に存在します(分裂症なので)。 少年・カールは幼少期に父親から虐待を受けており、また洗礼式と称して6歳のカールは水に入れられて溺死しそうになった経験がありました。洗礼式のひどいできごとがきっかけで、カールは分裂症になりました。 内面世界では大人のカールは「万能」になっています。大人のカールに脅されたキャサリンは、指のスイッチを押して現実世界に戻りました。 醜くゆがんだカールの内面世界に怯えたキャサリンですが、一方で内面世界にいる「幼少期の素直なカール」が気になります。 カールを救いたいと思ったキャサリンは、もう1度カールの内面世界に入ることを決めました。 内面世界で幼いカールに会ったキャサリンは、小さい鏡を渡すと、「呼びたくなったら光で合図して」と言います。 大人のカールに会ったキャサリンが「(あなたのしていることは)お父さんみたい」と責めると、カールは悪魔のような格好になり、キャサリンの首に首輪をつけました。キャサリンは内面世界で拉致され、戻れなくなります。 ピーター捜査官が装置を使って内面世界に入ることにしました。装置は3つあり、少年・エドワードの実験初期にはキャサリンのほかに博士もエドワードの脳内に入っていましたが、エドワードの希望でキャサリンだけが許され、以降ずっともう1つの装置は使われずに置かれていました。 ピーター捜査官は「現実じゃないと思え」と自分に言い聞かせながら行動します。 キャサリンを見つけたピーター捜査官は、「エドワードのことを忘れたのか」と必死で話しかけますが、キャサリンは無反応でピーターを誘惑しようとします。 ピーター捜査官も大人のカールに捕まり、腸をひきずり出されて巻きとり機械で取り出されますが、必死で平静を保ちました。 ピーター捜査官は「大学の時、弟が交通事故に遭って半年後に死んだ」と、キャサリンにとって「思い出したくないつらい過去」を告げてキャサリンを正気に戻します。.

映画予告編【the cell】 エンターテイメント 【ザ・セル】()/グロテスクなシーンを含みます。ご注意下さい。. 当方出品商品入札の際には、必ず注意事項をご理解・ご納得の上ご入札をご検討ください。落札価格には別途消費税が発生いたします。 商品概要 【中古品】映画パンフレット 「THE CELL」 ジャニファー・ロペス 本商品のコンディション コンディション:B ☆コンディション表記 【N】⇒未使用品. キャサリンが指のスイッチを押すと、実験は終了して宙吊りになった2人は台の上に降りキャサリンは覚醒します。. 犯人は獲物と決めた若い女性を拉致すると、巨大な水槽(監禁槽=ザ・セル)に入れて40時間かけて溺死させます。 犯行の一部始終はビデオカメラで録画し、犯人は死体を漂白剤の風呂に入れた後、自分の背中につけた14の鉄の輪を鎖に繋いで宙吊り状態になって、女性にむごいことをしていました。 自分の背中の鉄の輪は皮膚を貫通させて装着したもので、いうなれば「巨大ピアス」です。14個あるとはいえ、その輪で全体重を支えて空中浮遊しますから、痛みを伴います。犯人はサディストでもあり、マゾヒストでもありました。 FBI捜査官のラムジーとピーターは、7人目の被害者アン・M・ヴィクシーの遺体が発見された知らせを受けます。最初は事件に数か月の空白期間がありましたが、最近では大胆になり期間も短くなっています。そのぶん、証拠も多く残されるようになっていました。 リノの事件現場と同じ車の痕と、ガードレールについた車の塗装の破片、遺体の精液、ハイポメラノシスという色素がない犬の毛が発見され、92年型のフォード車を所有し、3年前にアルビノ(色素がない犬)の犬をブリーダーから買ったカール・スターガーが容疑者に挙げられました。 その頃、結婚間近の若い女性・ジュリアが拉致されました。カールの犯行と目されます。 カールの家をFBIが包囲して突入すると、犯人・カールは自宅で倒れていました。郡病院に救急搬送されます。 犯行に使った漂白剤や証拠の映像も入手し、カールの犯行だということは明白でした。しかしカールの自宅に被害者・ジュリアの姿はなく、別の場所の監禁槽(ザ・セル)に監禁されています。 40時間以内に救出しないとジュリアは溺死しますが、カールの意識は戻りません。時間との戦いです。 カールは分裂病の一種で、脳の損傷がひどく進行が早い重度の病気でした。意識不明の昏睡状態に陥ったのも、病気のせいでした。 医者から説明を受けたラムジー捜査官とピーター捜査官は、キャンベルセンターの研究施設の存在を知り、キャサリンにカールの内面世界に入って聞き出してくれと頼みます。 キャサリンは二の足を踏みましたが、ほかに手がかりがないことと、時間が経過するほどジュリアの生存の可能性が低くなることを知り、実験を始めます。.

3人の横を、バイクに乗った2人組が通行しました。すると音に反応してか、集団がバイクを襲います。 その隙に3人は通りを抜けて郊外へ出ました。「銃所持を行使中」と書かれた家を見つけ、入ります。 住人は銃を使って死んでいました。その銃をクレアは奪い、ほかにも集めた銃を持ち、移動します。 裏庭に1人でブランコをこぐ少年がいたので、正常な人間かと思ったアリスが声をかけました。 ところが少年も襲ってきたので、アリスは発砲します。 発砲音につられて、わらわらと集まってきました。3人は雑木林を走って逃げ、手近の者だけ撃って時間を稼ぎ、ひたすら走ります。 手前に川があり、振り向くと100人近い人間が走ってきていました。 映画 the cell クレイ、トム、アリスは裏向けのボートの下に隠れてやりすごします。 その際、奇妙な光景を見ました。 日没近い夕暮れに、みんなが一斉に夕陽を見ながら口を開け、電波のような音(声)をあげたのです。 そして180度きびすを返して去りました。 現段階で3人が分かったことがあります。 「日が沈むと彼らは活動を終えるらしい」 「電波(パルス)が彼らをひとつにしている」 この2つです。 映画 the cell 夜間に移動していると、学校の近くを通りかかりました。 クレイ、トム、アリスはここで、正常な2人と会います。 ジョーダンという寄宿舎の奨学生の少年(10代半ば)と、アーダイ校長先生です。 ここで初めてクレイたちは、今回の珍現象について知りました。アーダイ校長先生が分かっていたのです。 競技場には、彼らが寝入っている場所がありました。どうやらそこは、学校で感染した人たちの場所のようです。 何百人もの人間が、いっせいに折り重なって仰向けで寝ている光景は異様でした。しかもみんな目は開いたままです。 彼らは携帯電話のように、口から何かすごく小さな音楽を奏でながら寝ていました。いえ、寝ているのではなく、活動休止なのです。 アーダイ校長先生が、試しにと包丁を1人の足に刺してみますが、反応はありません。 すごく小さな音楽ですが、多数の人間が集まるとメロディが聞こえます。 アーダイ校長先生が説明します。 彼ら自身が送信機、いわば携帯電話のようなものになっており、その真社会性はハチやアリのそれと似ていて「共有」するそうです。 いずれは全人類が巨大有機体の1つになるそうです(繋がる、という意味)。 夜の間は「再起動」. 映画「セル」をモチーフにしたオンラインスロットがカジノエックスに登場したらどうなるのでしょうか。 映画「セル」は、現代人が当たり前のように持っている携帯電話のせいでゾンビが出てくるという、ある意味「日常の延長線上にある恐怖」を描いた. 今日は ザ・セル。. 。.

キャサリンは正気に戻ると、大人のカールの右肩を槍で攻撃し、ピーター捜査官を連れて別の部屋に行きました。そこには水槽の中にジュリアがいます。 少年・カールに監禁場所の手がかりを聞き、ノヴァックの地下室にカールの工場があると知りました。2人は現実世界に戻ります。 ピーター捜査官は内面世界に出て来た巻き取り機械のメーカー・ベーカーズフィールドに、それをどこに売ったか訊いて、監禁場所を知りました。現場に急行したピーター捜査官らは、ジュリアの救出に成功します。 同じ頃、キャサリンはカールを助ける方法を考え、「キャサリンの内面世界にカールを招く」方法を強行します。しかしそれは一歩間違えると危ない実験です。 キャサリンは明るい部屋に女神のいでたちで、少年・カールを迎えました。少年・カールは幼い頃に、傷ついた鳥を発見し、父に見つかったらひどいことをされるからという理由で、自分で先に殺したという思い出を語りました。そしていつまでもここ(キャサリンの内面世界)にいたいと言います。 少年・カールを追って大人のカールもやってきます。大人のカールはキャサリンの手足を拘束しようとしますが、そこはキャサリンの精神世界で、キャサリンこそが「万能」なので、大人のカールはかないません。 大人のカールの胸に剣を刺すと、少年・カールも瀕死に陥りました。2人が連動しているとキャサリンは思い出します。 キャサリンは女神の姿になり、もう一度洗礼式をおこなうと言います。そして少年・カールを水につけて溺死させました。 現実世界に戻ったキャサリンは、カールを殺したことに涙します(脳と現実世界は密接しているので、内面世界で殺すと現実でも殺したことになった). キャサリンは、カールの精神世界で父親から酷い虐待を受けて育ったこと、6歳の洗礼式で父親に溺れさせられかけ、それが元となり自分の中に神を作ったことを知ります。キャサリンはカールに父親が悪いといいます、父親は絶対だったとカールは怒り、王の姿になりキャサリンを捕まえます。ラボではキャサリンの脳波が乱れていることが分かりますが機械では引き戻すことはできず、ピーター捜査官を精神世界に送り込むことになります。 ピーター捜査官はキャサリンに会えますが彼女は自我を失っておりピーターを誘惑します。拘束されたピーターは拷問されながらも必死にキャサリンに呼びかけ、元のキャサリンに戻します。そこでピーター捜査官は監禁場所に繋がる手がかりを掴み、現実世界に戻ってきます。カーヴァー工業機械という名前を手掛かりにピーター捜査官はジュリアの監禁場所を突き止めます。. アマゾンプライムで鑑賞。なかなかおっかない内容でした。他人の心の中というか心象風景というか精神世界なんて、この映画で描かれる通り、見ても気持ちがいいものではないだろう。知らぬが仏。他人はある程度、顔の見えない他者だからこそ、うまく付き合いができるもんではなかろうか.

『 ザ・セル 』( The Cell )は、 年 の アメリカ合衆国 の SF映画 映画 the cell 。 監督は ターセム・シン 、出演は ジェニファー・ロペス と ヴィンス・ヴォーン など。. com, 武蔵 【The Cell 2】 映画 フル バージョン, HDいっぱいの劇場版 The Cell 2 夢映画, マーベル大尉は工場に入る. Cell is a American science fiction horror film based on the novel of the same name by Stephen King. 軽いグロ映画のようなものだが、なんだろう. Agent persuades a social worker, who is adept with a new experimental technology, to enter the mind of a comatose serial killer in order to learn where he has hidden his latest kidnap victim. 1966年6月28日生まれ。イリノイ州出身。ドキュメンタリー作家の父、女優である姉ジョーンなど、芸能一家に育つ。83年、『恋のスクランブル』で映画デビュー。『シェア・シング』(85年)、『セイ・エニシング』(89年)などの青春映画に多数出演し、86年の『スタンド・バイ・ミー』では主人公の. 絶頂期のジェニファー・ロペス演じるサイコセラピストが、連続殺人犯の「内的な世界」へ入り込み、事件の解決に挑むSFのサイコサスペンス.

この映画は、超現実主義的な映像美と犯罪捜査モノの融合を目指した野心的な作品である。. . クレイ、トム、ジョーダン、レイ、デニースの5人は、レイが持っていたアイスクリーム販売の車に乗って移動します。 途中、レイは車を止めると、山中にクレイを呼びました。 レイは自分が連中に支配されつつあると言い、「時が来たらかけろ。旅が終わる時だ」と言って、折り畳み式携帯電話を渡します。 (後述するが、これは通話するためのものではなく、起爆装置) そして首に巻いた爆弾を爆破し、自殺しました。 レイから預かった折り畳み式携帯電話を持ち、クレイは運転してシャロンの家に行きます。 クレイがひとりで中を見てくると言い、車を降りました。 家の中は誰もいませんでした。しかし冷蔵庫にマグネットのアルファベットで「パパ、生きてる? ママは奴らになった。カシュワクに行くよ。会いに来て。愛をこめて、ジョナサンより」というメッセージが書かれています。 屋根裏に連中になった妻・シャロンがおり、襲ってきました。トムが来て助けてくれ、クレイが射殺します。 トムがやってきたのは、アイスクリーム販売の車内に、大量のC4爆弾が積載されていたからでした。それを知らせにやってきたのです。 街ひとつ分は優に爆破できる量でした。 クレイは、レイが連中を殺すために用意したと知り、渡された折り畳み電話は、爆破スイッチだと気付きます。 クレイはトムにシャロンの車のキーを渡すと「旅を続けろ」と言いました。 もし自分が生きて戻れたらあとを追うから、ペンキで樹木に「TJD(トム、ジョーダン、デニースの名前の最初の文字)」と書いてくれと、ジョーダンに頼みます。 クレイはカシュワクに、息子の奪還に行くつもりでした。それが罠でも、コミック作家の責務だと思います。 3人は普通車で移動し、クレイはアイスクリームの車に乗って、カシュワクに行きます。 目的地が近付くにつれ、連中が増えました。彼らは群れをなし、同じ方向へ整然と移動しています。 その方向には、ひときわ大きな電波塔がありました。 この頃には、連中はクレイを襲ってきません。静かに移動するだけです。 電波塔の下へ行ったクレイは、赤いパーカーの男と対峙しました。 クレイはアクセルを踏んで男を轢き、さらに連射して倒します。 ジョニーを探したクレイですが、どこにもいませんでした。 絶望を感じたクレイは、折り畳み携帯を出し、爆破を起動させます。 するとすぐ近くに息子のジョニーがいまし. いつも白い砂と枯れた木のある場所. 「セル」の解説、あらすじ、評点、36件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - スティーヴン・キングが自ら脚本を担当して自作を映画化したホラー。ある日突然、携帯電話で話していた人々が凶暴化。周囲の人間を襲い始める。コミック作家のクレイは. 『セル』(原題: Cell)は、スティーヴン・キングが年に発表した小説。携帯電話を媒介にゾンビが増殖していく異色のSF ホラー小説。タイトルの「セル」とは「携帯電話」の意。 邦訳版は年に白石朗訳で新潮文庫から出版された。年に映画化された。. まぁショボイのもありますがね~☆。ストーリーの詳細をラストまで,感想,解説,批評,原題,邦題,製作年,製作国,上映時間,出演者,キャスト,スタッフ(製作,監督,脚本. キャサリンは殺人犯・カールの愛犬・ヴァレンタインを飼うことにし、カールの部屋を見せてくれと言います。互いにほのかに感情を寄せ合うキャサリンとピーター捜査官ですが、何も言わずに別れました。 後日、キャサリンは自分の内面世界にエドワードを招きます。この方法は功を奏しました。 さらに後日、エドワードの内面世界を訪れたキャサリンは、エドワードがヨットを浮かせることに成功し、オアシスの枯れ木に花が咲き、快適な空間になっているのを見て喜びました。エドワードの回復も近そうです。.

See full list on hm-hm. cell: 製作年度: 年: 上映時間: 98分: 製作国: アメリカ; ジャンル: ホラー; 映画 the cell サスペンス; 監督: トッド・ウィリアムズ; 製作総指揮: ジョン・キューザック; スティーヴン・ヘイズ; ピーター・グレアム; ベン・サックス; パディ・カレン; エドワード・モクタリアン; アルメン・アゲアン. the cell -0001年11月30日 更新 年06月05日 公開 映画 洋画.

See full list on eiga-watch. ザ・セル♥the cell♥♥あらすじ・ネタバレだけでなくレビューをキチンとしています。1999年のスタート以来、全作品! こんブログは鴉辺譜鼻勝(アベフ ハナカツ)、永遠の19歳歴18周年を迎えたウルトラメディアエキセントリッカーの読んだ分だけ寿命が弾むブログです。.

net, 武蔵 【The Cell 2】 字幕,, 武蔵 【The 映画 the cell Cell 2】 ストリーム v. · Directed by Tarsem Singh. にしています。 「今日は海へ行くと約束したわ」とキャサリンは言いますが、エドワードは無理だったと言います。砂漠の隅に、古すぎる座礁船と、小さすぎるおもちゃの船がありました。 このようにキャサリンはエドワードの内面世界にいろんなことを指示して働きかけ、やがて現実世界に戻らせようと考えています。 しかしこの日もエドワードは「モッキーロックというお化けがここにいろと言った」と拒絶しました。そのうちにエドワード自身がモッキーロックというお化けになり、キャサリンを襲おうとします。 やむなくキャサリンは左手の親指と人差し指の間にある四角いスイッチを押し、現実世界へ戻りました. 一方キャサリンはカールを助ける為、一人で精神世界に潜り、今度はキャサリンがカールを自分の精神世界に招き入れます。そこでキャサリンはカールと穏やかに会話しますが、カールの世界の王が乗り込んできます。キャサリンは彼を迎え撃ち、王を瀕死のところまで追いつめます。しかし、少年は王であり王は少年である、と言われ止めを刺すことをためらいます。ためらうキャサリンに、僕を助けて、と少年のカールが言い、キャサリンは泉に彼を優しく沈めるのでした。 同じころ、ピーター捜査官は水槽を破壊し、水が満ち溺れかけていたジュリアの救出に成功します。事件の後、ピーター捜査官と会ったキャサリンは、エドワードに逆伝達(自分の世界に招き入れること)を試みると告げます。最後にキャサリンは精神世界でエドワードに船と海を見せ、冒頭の約束を果たすのでした。.

どうしたら、トラウマやソマティック・エクスペリエンス(SE)についてわかりやすく説明できるだろう? そんなことを考えていた時、友達がある映画を教えてくれました。 「The cell」. 脊髄反射で立って塊の外に出ようとする者は、アリスやジョーダンが撃ちました。 油が引火して車が爆発炎上し、アーダイ校長先生は死にます。 クレイ、トム、アリス、ジョーダンは移動を続けます。 なるべく移動は夜間のうちに済ませ、開いている雑貨店で昼間は睡眠をとりました。 その時、クレイは赤いパーカーをかぶった男の悪夢を見ます。 ジョーダンも悪夢を見てうなされ、「不潔で黄ばんだ歯を持つ気味が悪い奴で、赤いフードに長髪の男が出て来た」と言いました。 アリスが「頬に傷があったんじゃない?」と反応し、その男に首を刺されたと言います。トムは線路に押されたと言いました。 実はそれはクレイが描くコミックのキャラクターで、『闇夜の旅人』に出てくる、世界の終末を予言する人物でした。 みんなが同じ男の夢を見たことにぞっとしますが、クレイのコミックはまだ連載中で、結末は決まっていませんでした。 アリスは自分の携帯電話を捨てます。 クレイたちは、クレイの妻子のいるニューハンプシャー州を目指しています。 (マサチューセッツ州とニューハンプシャー州は隣接しており、ニューハンプシャーの方が北にある) 北上するにつれ、雪が降り始めました。 途中の店に『カシュワク=ノー・フォ』という文字が掲げられています。意味は分からないながらも、後半は「電話不通(ノー・フォン)」のことではないかとジョーダンが言いました。 店内に入ると、まともな人間が3人います。男性2人と、サリーという女性です。 カシュワクとは土地の名称で、非法人地域のことだそうです。似た名前の湖が付近にあるとのことです。 どうやらカシュワクは、パルス(電波)を逃れた者の避難所になっている、という情報が入ったそうです。 店にいた3人は一休みしてからカシュワクに行くつもりでした。 クレイ、トム、ジョーダン、アリスも休憩させてもらいます。 仮眠を取っていた女性・サリーがドアの施錠を確認に行った時に、耳をすましました。 ザーッという電波の雑音ノイズを聞いた途端、サリーもおかしくなります。 サリーが耳元でノイズを聞かせた男たちも、行動がおかしくなりました。 アリスはサリーに殴られます。クレイが射殺して駆け寄りますが、頭部を損傷しており重態でした。 少しずつ意識が遠のき、アリスは死にます。 クレイ、トム、ジョーダンはアリスを埋葬し、移動しました。 歩いて移動.